脂肪吸引ダイエットは後悔する?脂肪吸引手術のリバウンドとは

ダイエットを頑張ってもなかなか痩せないという悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。ダイエットの方法としては、やはり食事制限や運動が一般的ですが、上手くいかないことも多々ありますよね。

そうなると、選択肢として脂肪吸引を考える方もいるのではないでしょうか。脂肪吸引はお金も掛かりますし、いわゆる手術となりますので、実際に行うのは勇気がいります。

ただ、出来るだけ早く確実に痩せられる方法として脂肪吸引を選ぶ方もいるでしょう。しかし、脂肪吸引ダイエットを行って後悔することはないのでしょうか。

また、脂肪吸引手術を行った後にリバウンドをしてしまうことはないのでしょうか。

ボディ☆スタ ボディスタイルダイエット

脂肪吸引ダイエットは後悔する?

脂肪吸引ダイエットは後悔するかどうかは、はっきり言って人によって異なります。手術が成功して術後の経過も良好、気になる脂肪もすっきりしたという方であれば、後悔することはないでしょう。

ただ、実際には脂肪吸引でダイエットしたことを後悔しているという方はかなり多いというのが現状です。

というのも、脂肪吸引ダイエットには多くのリスクが伴うのです。例えば、脂肪吸引は手術中、そして術後に激しい痛みに襲われることが多くあります。痛みが続く期間は施術する箇所によっても異なりますが、長ければ3ヶ月以上も痛みが続く場合もあるようです。

また、脂肪吸引ダイエットは脂肪と共に毛細血管も吸引してしまいますので、施術箇所が内出血を起こして青あざが残ることがあります。さらに、吸引の仕方によっては皮膚の表面がデコボコになってしまい、長年後悔している方も少なくありません。

他には高い費用を掛けたのに、思ったよりも脂肪がとれずに後悔している方もいます。やはり数十万円、あるいは100万円単位でお金を掛けるなら他の方法で痩せれば良かったと思ってしまいますよね。

脂肪吸引手術のリスクとは?脂肪吸引のデメリットとは

そして、脂肪吸引ダイエットで最も恐ろしいのは、脂肪吸引を行ったことで後遺症が残ったり、最悪の場合命を落としてしまうケースもあるということです。

ただ痩せたいだけだったのに、後遺症が残ったり、死亡してしまったら、それこそ後悔してもしきれませんよね。

脂肪吸引手術のリバウンドとは?

脂肪吸引手術はリバウンドする可能性もあります。脂肪吸引手術は脂肪細胞を排除するわけですから、その後は一生太らないと考えている方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

脂肪吸引手術をしても暴飲暴食をしたり、太る生活を続けていれば当然脂肪は蓄積されていきます。

しかも、脂肪吸引手術後のリバウンドは、運動や食事でダイエットした後のリバウンドとは異なるリスクが伴うのです。

脂肪吸引手術をしていない箇所に脂肪が付く

脂肪吸引手術をした箇所は脂肪細胞の数が少なくなっていますので、脂肪が付きにくくなることは事実です。しかし、そのかわり脂肪吸引手術を行っていない箇所に集中的に脂肪が付くようになります。

つまり、仮にお腹だけ脂肪吸引手術を行った場合は、お腹以外の箇所に脂肪が付くようになります。そのため、太るとお腹はあまり変わらないけれど、足や腕がどんどん太っていくということになるのです。

脂肪吸引箇所の肌の表面がデコボコになる

脂肪吸引手術をしたと言っても、全ての脂肪細胞が取り除かれるわけではなく、当然脂肪の取り残しはあります。

そのため、脂肪吸引手術後に太ると、脂肪吸引手術で残った脂肪細胞の部分にだけ脂肪が蓄積されて、結果的に脂肪吸引手術を行った箇所の皮膚がデコボコしてしまうのです。

ダイエットで後悔もリバウンドもしたくないなら

脂肪吸引は、確かに手っ取り早くダイエットをすることが出来るかもしれませんが、その分非常に高いリスクもあり、費用も高額です。しかも、リバウンドをしないというわけではなく、リバウンドをした際にもかなりのリスクを伴います。

そのため、脂肪吸引手術は、やってみたはいいけれど、後からかなり後悔したという方が非常に多いのです。

そこで、ダイエットをしたいけれど、後悔もリバウンドもしたくないという方におすすめなのがボディ☆スタです。

ボディ☆スタは、基礎代謝をアップさせて痩せやすく太りにくい体をつくることに特化したダイエットプログラムです。

一時的な食事制限や運動ではありませんので、リバウンドの心配も無く、健康的にダイエットをすることが出来ます。

しかも、ボディ☆スタは1日5分~10分の簡単プログラムになりますので、忙しい人でも無理なく続けることが出来ますよ。

ボディ☆スタ ボディスタイルダイエット

このページの先頭へ