脂肪吸引の効果が出るまでの期間とは?内出血やむくみはいつとれる?

誰でも手っ取り早く細くなりたい、辛い運動や食事制限などをせずに痩せて綺麗になりたいですよね。そんな時に選択肢の1つとして挙げられるのが、脂肪吸引によるダイエットではないでしょうか。

脂肪吸引は手術によって脂肪を吸引するため、長い時間をかけてダイエットをすることなく、痩せることが出来るというイメージがあります。

では、実際に脂肪吸引でダイエットをした場合、効果が出るまでにはどのくらいの期間が掛かるのでしょうか。

また、脂肪吸引手術後に現れる内出血やむくみはいつ頃とれるのでしょうか。

ボディ☆スタ ボディスタイルダイエット

脂肪吸引の効果が出るまでの期間とは?

脂肪吸引は、脂肪を吸引する手術を受けるわけですから、手術後からすぐに脂肪がとれて細くなれると思っている方は多いでしょう。

ただ、実は脂肪吸引の手術を行えば、その日からすぐに細い体になれるというわけではなく、脂肪吸引の効果が出るまでにはある程度の期間が必要になります。

というのも、脂肪吸引と簡単に言っても、掃除機でゴミを吸い取るように脂肪を吸引出来るというわけではありません。

体の内部にある脂肪を無理やり吸引するわけですから、当然体へ大きな負担が掛かりますし、手術後は皮膚の下で炎症が起こったり、手術の際に注入する薬剤によってむくみが起こります。

そのため、脂肪吸引の手術後は、むくみや炎症による腫れなどで逆に手術前よりも体が太くなることがほとんどです。

もちろん、時間の経過とともに、むくみや炎症は改善されていきますので、太くなるといっても一時的なものです。

ただ、脂肪吸引の効果が出るまでの期間、細くなったという効果が実感できるまでの期間としては、個人差はありますが、最低でも3ヶ月程度は必要になります。

脂肪吸引手術後の内出血やむくみはいつとれる?

脂肪吸引の手術をすると、内出血やむくみ、炎症による腫れなどが起こります。どの程度の症状が現れるかは、手術の方法や部位などによって異なりますが、全く何も起こらないという方はいません。

そのため、脂肪吸引の手術をしても、すぐに人前で肌を見せられるというわけではなく、内出血やむくみなどの症状が落ち着くまで待つ必要があります。

内出血が治まるまでの期間

内出血が治まるまでの期間としては、おおよそ1ヶ月程度になります。内出血は皮膚の下で出血が起きている状態です。

手術後すぐは脂肪吸引をした箇所に内出血が現れますが、その後血液が体に吸収されながら重力に従って体の下の方へ移動していきます。

そして、見た目も徐々に薄くなり、1ヶ月程度で消えて元の肌色に戻るようになります。

むくみが治まるまでの期間

むくみが治まるまでの期間としては、おおよそ3ヶ月程度掛かります。脂肪吸引の手術後はとにかく体がむくみます。

また、皮膚の下の炎症による腫れもありますので、症状が落ち着くにはかなりの時間が必要になります。

むくみや腫れが治まるのは、上記で記載した通り大体3ヶ月程度になりますが、手術した箇所や個人の体質によっては半年以上むくみや腫れがとれない場合もあります。

脂肪吸引は効果が出る前にリバウンドすることも

脂肪吸引は手術をしたら、すぐに細い体が手に入るというわけではなく、実際に効果を実感するまでには最低でも3ヶ月程度は必要になります。

そのため、中にはなかなか脂肪吸引の効果が見られないことから、イライラして食べ過ぎてしまい、きちんと効果が出る前にリバウンドしてしまったという方もいます。

脂肪吸引は即効性のあるダイエット方法というイメージがありますが、実際に効果が現れるまでは時間が必要ということをしっかりと理解しておくことが重要です。

また、脂肪吸引は成功すれば確かに痩せることは出来ますが、失敗をすると痩せられないばかりか、命に関わる危険性があるということも重々理解する必要があります。

ちなみに、出来るだけ楽に短期間で痩せたいけれど脂肪吸引は怖い、あるいは安全でリスクのない方法で痩せたいという方におすすめなのがボディ☆スタです。

ボディ☆スタは、非常に簡単でしかも1日数分程度のダイエットプログラムですので、面倒くさがりな方でも続けられます。

また、早ければ数週間~1ヶ月程度でかなりの効果を実感出来ますので、結果的に脂肪吸引よりも短期間で理想的なスタイルが手に入るかもしれませんよ。

ボディ☆スタ ボディスタイルダイエット

このページの先頭へ